10年後の100万円は今いくら?複利ってすごいです。

急に寒くなりました。

最近金融市場のカネ余り現象の影響でしょうか。
金融商品への関心が高まっているようです。

そこで特に
・『複利計算』
・『割引』
 の考え方や応用範囲に改めて興味をもっております。

金融機関、不動産関係、専門家の方々には今更と思われそうですね。
商品として当たり前に売買されているモノの価値とか商品の仕組みの裏側にはきっと基本となるロジックがあって応用されているはずです。

専門的な難しい理論はソーッと横に置いといて

10,000円(元本)持ってます。年間金利(年利)5%で利息を得ます。
方法として

単利計算:10,000円の元本にのみ利息が付きます。
毎期利息を頂いて使えます。
利息の付く元本はずーっと10,000円

利息は
1年目10,000円×5%=500円 
2年目10,000円×5%=500円・・・

計算式は元利合計 元本+元本×0.05+元本×0.05+元本×0.05・・・・・

複利計算:10,000円の元本と前期の利息の合計(元利合計)に利息が付きます。
利息の付く元利合計は増え続けるということです。
利息に手を付けないってことです。我慢。

利息は
1年目10,000円×5%=500円
2年目10,500円(10,000円+利息500円)×5%=525円
3年目11,025円(10,000円+利息500円+525円)×5%=551.25円・・・

計算式は元利合計は元本×1.05×1.05×1.05×・・・・ですね。

ちなみに
上の例のとおり10,000円を5%で計算していくとします。

元本10,000円は単利と複利でいくらになっているでしょう。びーっくりします。

10年間 単利15,000円 複利16,290円・・・1,290円の差
20年間  〃20,000円  〃26,530円・・・6,530円の差  

じゃあ10%なら
10年間 単利20,000円 複利25,940円・・・ 5,940円の差

20年間  〃30,000円  〃67,270円・・・37,270円の差

利息が高いほど期間が長いほど急カーブです。

つまり銀行預金や安全債券などに預けていて、しかも単利より複利(元本に利息を組み入れていく・我慢して利息に手を付けない)で運用しておくと
なーんにもせずに何倍もの元本を増やすことができる。
じゃあ

今、金利が10%で10年後に25,940円の預金を買うとしたら??

10,000円ですね。

ざーっくり
これが割引の考え方の基本です。
10年後の25,940円の現在の価値は?
複利運用したとして10,000円。


割引と色んな使える考え方またご紹介します。

コメントの投稿

非公開コメント

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区曽根崎新地2-1-13-401
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ