【温故知新です】な。頭の中にバランスシートを「貼り付け」。

先日、facebookのある政治家の方の投稿記事でふと思いました。
国立公文書館で歴史上重要な公文書の保存・修復に「和紙」の技術が使われるとのことでした。
なるほど、今のレポート用紙にシャーペンで書いたものが100年後200年後に読める形として残っているかを思うと「和紙」 ってすごいですねー。

他にも「おひつ」。
「木曽おひつ」が有名ですが、さわら材を手作業で加工し炊飯器のない時代に炊いたお米を保存する。自然のさわら材が呼吸して、いい感じ、で水分を調整してくれるそうです。

電卓。
職業柄、大切な道具です。では電卓が普及する前。
そう、「算盤(そろばん)」です。今にわかに見直されているとか。
足し算・引き算・掛け算・割り算はアサメシ前。2つ3つの計算を同時に計算可能。電卓で言うとGTキーみたいなものですか。
裏算なんかも出来ます。おつりの計算なんかで使います、あといくら足したら丸い数字(100とか1500とか・・)になるん?
ちなみにPCやスマホのない戦国時代。
前田利家公は戦場に算盤を持参したとか・・。石田三成公は複式簿記を使いこなしていたとか・・・。
常に「バランス感覚」を養って実践していたのでしょう。便利なモノやツールが今と比べものにならない程無かった時代にはモノに頼るより自分の身体や頭の中・感覚を研ぎ澄まさなければならなかった訳ですから。

バランス?たぶん頭の中でバランスシート(貸借対照表)が「貼り付け」されていたのかもしれませんね。

様々な分野での技術革新が進む今ですが、敢えて和紙だったりおひつ、算盤、・・・自然のモノが持っている力や自然のモノをいかに便利に活用しようとする英知やそのエッセンスを見直すということ。
革新の限界を古来の英知に尋ねてみる

温故知新ですな。

コメントの投稿

非公開コメント

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区曽根崎新地2-1-13-401
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ