資金調達・資金使途・・「立場」でも思いは同じはずでしょう。

資金調達のご相談を受ける中、
各主体といっていいのか立場によっては調達の「楽難」は明白です。
中小企業・個人事業主の方々が資金調達の事業計画に盛り込む重要な要件に、
(調達したお金の使い道=)「資金使途」があります。
当たり前といえばそうですが、より一層重要性が増しています。
金融機関にとってもその「目利き力」を発揮頂く際には最低限必要なファクターとなっているしょう。

さて、主な各々の立場から「資金の調達」とその「資金の使い道」に目を向けてみようかと思います。

1、中小企業・個人事業主業者の立場から。
【調達】金融機関からの借入が主流で
【使途】工場や不動産、機械などの設備資金、また仕入資金や諸経費といった運転資金に使います。
金融機関からの資金調達の際には何にお金が必要なのかという資金使途が明確でなければららず、その内容は以前よりも重視されています。
工場や不動産、機械購入、仕入れ資金、諸経費の支払い・・・。なぜいくら必要なのか・・・。
事業計画に沿って、かなり明確にその内容を合理的に説明する必要があります。

2、金融機関の立場から
【調達】預金、(金融機関同士の)市場、株式市場などから資金を集め。
【使途】事業への貸出(を使命と思ってます)
債券・株式などへの資産運用
その他事情に応じてへの資産運用

3、国の立場から
【調達】納税者から税金、国債などにより資金を集め
【使途】国家公共の利益に応じ適正な予算配分
国債など借金の返済充当

こう並べると、
【調達】については「金融機関、国」は民間の中小事業・会社より圧倒的に有利でしょうし、
でも各々の立場の【使途】についての思い重要性や使命感に優劣つけることは出来ないと思います。

事業計画に沿った「明確な資金使途」を計画しながらでも資金調達に実際苦慮されてる民間の中小企業・個人事業主の方を目の当たりにしますと、

資金調達が有利な立場の国も金融機関も、各々の主体・立場でその資金【使途】への「使命感」「重さ」を「感じる事」には同じ思いであって、各立場でズレテいてはいけないでしょう・・。
そんな気がします。

個人確定申告の時期もあって、国税庁・税務署より配布される資料で「税金の使い道」が円グラフ等を通して分かりやすく公表されているのも目にされた方も多いかと思います。
昨今、国会審議が進む中
納税は、教育を受けさせる・勤労とともに国民の義務であって、また税金の【使途】は納税者が委ねた国家行政が計画実行されます。
国の各審議でも、さらには金融機関でも、「資金調達」の各立場の「感覚」を改めて期待します。

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区西天満4丁目12-11プラザ梅新別館303号室
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ