寒い寒いから暑い暑いへ、満足度は変わる。

3月に入って、この前の前は暖かく、この前までは急に寒く、今はやっと暖かくなり、春らしい空気を感じます。

冬は少しでも気温が上がって欲しいし、反対に夏は少しでも気温が下がって欲しい。
堅い言い方をすれば、
冬の10℃が11℃に上がることと、夏の30℃が31℃に上がることは同じ1℃上がることでも
全く違う「満足度」で、むしろ逆行します。
冬に1℃上がる方の満足度を得るには、夏に1℃下がることで同じと言えるでしょう。
そういう意味では、若葉の季節や紅葉の季節は1℃の変化の満足度はほぼ変わらないのかもしれません。

話は変わりますが
先日、たまたま手にした本に「限界効用」という(そーいえば何か聞いたような・・)言葉を目にしました。

何かが1単位変わることで、満足度がどれくらい変わるか、経済の世界では「限界効用」と言って
『限界(1単位=わずかな変化)があった時、効用(満足度)がどれくらい変化するか』を数値・数式・図式化して
経済行動のベクトルを説明しようとするものです。

「同じ物を追加で1つ買うにも満足度が変わる」
よく挙げられる事例があって例えば
・おなかが減っている時の1つの「おにぎり」はとてもおいしく感じられますが、追加して食べ続けていくうち徐々に、
追加1つの「おにぎり」はあまり満足しなくなる。

環境や予算などで制約されている世界で
限界的(追加で1単位)に増えていくと、満足度(の増え具合)は徐々に下がっていくことが知られており、これを
・・・「限界効用逓減の法則」というらしいです。

「限界効用」?一つにしても、教科書や専門書でしか縁が無く、普段どこか「別個扱いしている事」は、本来はとても身近なところでアテハマルはずです。
少々乱暴ですが、
冒頭の気温の例も追加で1℃変化する満足度が変わる意味では、アテハマルのかもしれません。

人の本能は四季の変化や身近なことでも、わずかな変化を何気なく感じ取ります。
人の集団である企業や、あらゆる主体は積極的には感じないとしても何気なく行動している事は、それら「別個扱いしている法則に左右されているはずで、
であれば、わずかな変化を仕掛ければ、何かのベクトルを左右することも確かなことです。

マイナス金利が、温度計でいうと、冬の有難くないマイナスなのか、夏の有り難いマイナスなのか。

は、さて置き、
もう少ししたら、今度は「暑い暑い」と言う季節がやってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区曽根崎新地2-1-13-401
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ