「領収書の電子保存の見直し」と「ペーパー化」

【面倒な領収書の保存が電子保存へ・・?】
国が来年度にも
「領収書」の保管を電子データ保存(例えばスキャナーにかけてデジタル保存)で行うことを容認する検討に入っているようです。
今までは一定の要件を満たし、記載金額3万円未満の領収書などについては可能とされていましたが3万円以上の領収書や契約書類についても一定の要件で電子データ保存を認めるようにし、この領域でもペーパーレス化を推進していく模様です。

【背景には】
・義務付けされている帳簿保存期間が相当長く、その保管コストが収益(お国にとっては納税額)に影響していること。
・IT推進の一環としての取り組み
など、様々でしょうが
例えば今後「スキャンに係る事務コスト」や「要件を充足するための現場管理」がどのようになるのか、別のコストが気になるところです。

【そんな中、ペーパーもがんばってます】
一方
パナソニックの社内報が紙ベースに復活するとのお話を聞きました。
2年前(定かではありませんが)にペーパーレス化の推進のもとデジタル配信に移行されたのですが
なかなか読まれる機会が増えず、求心力の狙いもあって「紙ベースへの復活に」、との経緯があるようです。

「ペーパレス化」と「ペーパーへの復活」言い換えれば
「デジタル化」と「アナログ化」
来年度のメモ帳をどうしようかと考える時期でもあり、特に最近はこのアナログ化への見直しがココかしこ、でされているように感じます。
①デジタルか②アナログか。
イメージでは
①整理保存、後で見直す、その存在を確認する。
②内容を熟慮する、今する、記憶にとどめる。

目的や個々の性格・環境・その時の事情によって又、
それぞれの長所・短所を活かした使い分けが必要なのかもしれません。

でも日進月歩でデジタルの機能が革新されていくので
その使い分けを考えるのも一苦労といったところです。

コメントの投稿

非公開コメント

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区曽根崎新地2-1-13-401
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ