恵方は西南西。

季節柄「節分」「巻きずし」そして今年の「恵方」についての案内が目立ちますね。
早いところだと、年末年始のひと区切りが終わって早々にポスターなんかが張られていたようにも記憶してます。

今年の恵方は「西南西」
「恵方」は、陰陽道で干支により福が与えられるとする方角のことで、
北を0度とし時計回りに
東:90度、南:180度、西:270度・・・北360度=0度という具合に、ある考え方によって干支を当てはめていくようです。

子(ねずみ年) は0度=北
今年平成27年の未(ひつじ年)は210度
ということですので、頭の中で時計と角度をグルグルして・・・そうです。「西南西」。

西南西と言えば、日本から見てインド・その先には中東地域があり、
今まさに緊迫した情勢で、世界中が心痛した思いをもって見守っています。

「西南西が恵方」となることを願います。





〇〇省の「省」は何て読む?

「PDCA」という業務サイクルがあって
P=Plan(計画) D=Do(実行) C=Check(検証) A=Action(確認・修正)
⇒以上を踏まえ再度P-DーCーA・・・を繰り返す。

PDCAサイクルは繰り返すことで業務目的を効率的に遂行するための行動指針です。

お客さんとそんなこんな話をしながら、PDCAサイクルに話題が移ることもよくあります。

その真髄は、
・仮説を立てまずはやってみよう。
・遂行しながら途中で進み具合や成果を一度確かめてみよう。
・うまくいっているかいていないか、そのおのおのの原因を確認分析しよう。
・再度仮説を立て直しやってみよう。

ある書物にこんな一文がありました。
「省」という字を何と読むか。
音読みで「しょう」「せい」 訓読みで「かえりみる」「はぶく」です。

中央役所に「〇〇省」と「省」の字があてられているのは、
行政庁としてその任務を「省みる(かえりみる)」に併せ、
不必要なことは「省く(はぶく)」
にその意味があるのだろうと。
中央役所にとどまらず、大観大局に立てば、総じて「うーん」と、誰もに納得すべきことだと思います。

PDCAの
「C」が「省りみる(かえりみる)」。「A」は同じ文字でも「省く(はぶく)」としてみる。先ずはしてみる。

ひょっとしたら、何か見えるかもしれません。妙に納得です。

「貸借対照表」「損益計算書」をヒトの体に例えて。

貸借対照表や損益計算書といった会計書類の概念をヒトの体で例えると・・
従前からよく考える機会があります。

ヒトのみならず生物の営みを

「ご飯を食べ、消化して、栄養を吸収し、生活に必要なエネルギーを生み出す。」
「同時にれらを営む筋肉や脂肪、骨格、血液、あらゆる体格を造って、これらを維持する。」
とすると

①【損益計算書】
ご飯を食べ(売上を上げて)⇒消化して栄養を吸収し(営業活動を行って)⇒生活に必要なエネルギーを生み出す(営業利益を上げる)。
また
②【貸借対照表】
・骨格(自己資本)
・筋肉や脂肪(資産や債権債務)
・血液(資金)など
、あらゆる体格を造って、これらを維持する。

乱暴ではありますが、ざっくり言ってしまいますと、こんなイメージでしょうか。
ヒトの体が常に健康で万能ではなくいのと同様、企業の財務体質も何かしら不安定になって、時には病気になってしまってお医者さんにかかったり点滴や注射を打ったり、輸血も必要な時もあります。
日常では健康維持の為サプリメントを補給しつつ、ダイエットに励むこともあるでしょう。
また積極的に投資分野で注目されていますROE向上のため、身丈や外観が変わってしまおうとしているのか・・。

ヒトが自分の体と向き合うように会社は財務体質と向き合っているのは納得のいくことですが、
具体的な事例に財務資料と突き合わせて考えると、色んなものが見えてくるかもしれません。

では次回以降、おいおい
勝手ながらに感じるところを書いていければと・・・思います。

お金との相性は磁石の様。

「お金は追っかけると逃げて行くし、追っかけなくても寄って来るところへは寄って来る。」
とそんな話をしていました。

お金を儲けることに執着するとか、浪費しがち、というスタンスの違いもあるでしょうが、
不思議なことに、「磁石のN極とS極」の様な一面があります。

お金との相性がN極どうし、S極どうしだと反発し合って逃げて
N局とS極だと寄り合う
、お金との極の相性かもしれません。

企業経営や個人の生活で、
お金が目的ではなく手段であると思ってもお金は必要であることには間違いないでしょうから、
「お金さん」を悪者扱いにはできません。

では
自分がN極かS極か。N極ならS極を持っているはずです。
くるっと半回転。「お金さん」も寄って来るかもしれません。





ATMの意味は?

銀行や郵便局に行って、振込、入出金といった取引はほとんど「ATM」で行います。
手数料や時間のこともあって、使い勝手も便利ですし今や銀行のコンビニの様に利用しているのが大半でしょう。

【ATMとは】
この「ATM」
もともとは「Aoutomatede ellerascine」 の略で、「Telle」は「銀行窓口の係の方」を意味しますので
「自動で、窓口の係をしてもらう、機械」のこと。

昔、ほとんど振込や入出金の伝票を記入してハンコ押して、窓口の係の方に持って行って、呼ばれるのを待って・・。
という流れを「ATM」が代わりにやってくれています。

【せかされている?と気になることもあります】
前々から気になっていたことがあって、
ATMで出金や入金で利用して何か「せかされている」気分になることが多いです。
引き出した現金を取り出すのが遅れると、数秒で結構大きめの警告音がピコピコピコ鳴りますし、警告までの時間も短い。
様々な方が利用されるので、「取り忘れですよ!!」という注意喚起での事は理解できますが、「ちょっと待って」と思うことが結構あります。
音のトーンや、音を発するまでの短さもあって、びっくりされる方も多いのでは・・。

【人とロボット】
人工知能や、いわゆる「働き手に変わるロボット」が現実化しつつあって、ロボットと人との協働や棲み分け、という時代。

「窓口の方」ならきっと、「もう少し優しく」、「こちらの様子を見て」、「せかされている」気分にはならないでしょう。

選択と集中。繰り返し。

本日仕事始めです。
ここ最近は元日よりお店は開いていますしPCを開けば普段と変わらない日常があって、
行事だったり、家の仕来たりであったり、どこか薄れてしまいがちです。
特に今年の正月3日間の雰囲気は、全体的にも
いつもと変わらない正月風景だった様に感じます。

そんなこんな思いながら、でも、新年の始まりです。
今年は選択と集中。
原則を繰り返す。

年初に当たって、新年のご挨拶申し上げます。

資金繰り専門
中小企業の資金調達、資金繰りのご相談受付中【大阪市北区の融資支援専門税理士・溢光アカウンティング】

事務所概要
大阪市北区曽根崎新地2-1-13-401
株式会社溢光(いっこう)アカウンティング
設立日 2014年5月
資本金 300万円
代表取締役 福岡和正
決算  8月
業務内容
 資金調達支援
 創業支援
 会計コンサルティング

グループ会社
合同会社溢光(いっこう)コンサルティング
武田会計事務所
武田行政書士事務所
最新記事
twitter
事務所HP
サイト案内
主な対応地域
当事務所は関西圏を中心に全国対応しております
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市福島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市北区、堺市堺区、堺市中区、堺市西区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四條畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、千早赤阪村、豊中市、富田林市、寝屋川市、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、尼崎市、西宮市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、芦屋市、三田市、京都市、長岡京市、八幡市、向日市、乙訓郡、木津川市、宇治市、京田辺市、城陽市、奈良市、橿原市、天理市、生駒市、香芝市、葛城市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市、和歌山市、大津市 福山市
月別アーカイブ